京都の時空に舞った風
旧跡とその周辺の歴史を中心に。
新型コロナ禍以降、多くの施設や交通機関でスケジュール等に流動的な変更が出ています。お出かけの際は必ず最新情報をご確認ください。
新型コロナ禍以降、多くの施設や交通機関でスケジュール等に流動的な変更が出ています。お出かけの際は必ず最新情報をご確認ください。

今宮神社

(いまみやじんじゃ)

平安時代の御霊会に起源をもつ今宮神社は、江戸時代にお玉と呼ばれた桂昌院が再興したことにより、別名、玉の輿神社としても知られています。また摂社の疫神社の祭礼「やすらい祭」は、京都三大奇祭のひとつで、春の風物詩にもなっています。東門の「あぶり餅」も有名です。

玉の輿神社として知られる桂昌院ゆかりの今宮神社の楼門 楼門

INFORMATION
社名・社号 今宮神社
住所 京都市北区紫野今宮町21
電話 075-491-0082
アクセス 市バス
46系統「今宮神社前」下車すぐ。または、
1,12,204,205,206,北8,M1系統「船岡山」下車徒歩7分
参拝 境内自由
公式サイト http://www.imamiyajinja.org/
※↑2019/4確認時の情報です。

疫病を鎮める神社

今宮神社は京都七野のひとつである紫野の地に鎮座しています。そのことからかつては紫野社と呼ばれていました。船岡山の北東の一帯は紫野とよばれ、古くは皇族の遊猟の地でした。また旧大極殿の真北に位置する船岡山は風水上(陰陽道)の重要な土地で、古代には埋葬地でありながら神聖な土地でもありました。

今宮神社の社地には平安京遷都以前から疫神が祀られていたといわれています。『続日本紀』宝亀元年(770)6月23日条によれば、朝廷は平城京の四隅と畿内十界に疫神を祀らせたとあり、奈良時代には疫病や厄災を鎮めるために、おそらく山背国にも疫神が祀られていたと思われるのです。

平安京に都が遷ると人口が急増し、都市化が進むにつれて人々は疫病に苦しんだり災害に悩まされました。そしてそれは非業の死を遂げた人たちの怨霊の祟りと恐れられ、または正体のよくわからない「もののけ」や忌むべき悪精の仕業とみなされて、その霊を慰め祀り、境域外へと送り出す御霊会が盛んに営まれました。

一条天皇の正暦5年(994年)、西日本で疫病が大流行したとき、洛中洛外に多くの人が行き倒れました。やがて洛中を疫神が横行するという噂が飛び交うと、家々は門戸を閉ざし、通りを行く人の影も見られなくなったといいます。そこで朝廷は、神輿2基を造らせ、社地に古くから祀られていた疫神を遷して船岡山に安置し、疫神を鎮めるための御霊会を営みました。その後、人形(ひとがた)に病精をのり移らせ、神輿に乗せて山崎まで行き、難波江に流したといわれています。これが「紫野御霊会」で、のちの「今宮祭」です。

この御霊会のとき、京中の民衆もこぞって船岡山に登り、風流を凝らした綾傘を差し立て、囃子に合わせて鉾を振り、神輿の列に随って歌い踊って疫精を追い立て、神威によって流されるのを見守りました。この祭礼が「やすらい祭」で、御霊会が始まる以前から民間信仰の祭礼として行われていたそうです。

その後、長保3年(1001)に再び疫病が流行したため、朝廷は疫神を船岡山から疫神社に遷し、新たに瑞垣をめぐらせて神殿3宇と神輿を造らせました。そして大己貴命(おおなむちのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の三柱を祀り、もとあった疫神社も含めて今宮社と名づけ、盛大な御霊会が営まれます。

今宮社には勅使が遣わされ、境内で東遊(あずまあそび)や走馬(そうめ)が奉納されました。身分の上下を問わず庶民も集まり、御霊会を大いに賑わしたと伝えられ、これが今宮神社の起こりといわれています。なお今宮とは「新たに設けられた宮」を意味します。その後も疫病が流行するとたびたび今宮社で御霊会が行われ、やがて今宮祭として定着しました。今宮神社には「今宮祭」と「やすらい祭」がの2つの祭りが今に伝えられているのです。

現在、今宮祭は毎年5月5日に神幸祭が行われ、5月15日に近い日曜日に還幸祭が行われます。氏子によって豪華な神輿や牛車、剣や鉾が奉じられ、巡行して御旅所に入ります。翌日御旅所では、神楽女が熱湯に笹を浸し、湯滴を振りまく湯立て祭が行われ、無病息災が祈願されます。そして還幸祭では神幸祭と異なる経路で神輿が本社に戻ります。

創祀以来、今宮社は朝野の篤い崇敬を受け、鎌倉時代の弘安5年(1282)には正一位に列せられます。また室町時代には将軍足利義尚や義晴によって社殿の造営や修復が行われ、戦乱の時代には衰退しますが、秀吉が聚楽第を造営すると、今宮社がその地の産土神であったことから御旅所が再興され、神輿も寄進されました。

近世に入ると氏子地域の西陣が機業地として発展し、町衆も神社の復興に力を注ぎます。「西陣」は応仁の乱の山名氏側の陣を指して呼んだことに始まりますが、のちにこの地域一帯に織物工業が栄えたことから「西陣織」の名が全国に知れ渡るようになります。昭和44年以降業界では、応仁の乱が終結し、京都が再び平和に向けて歩み出した日に当たる11月11日を「西陣の日」と定め、毎年式典が行われています。

町衆の力もさることながら、戦乱による荒廃から今宮社を見事に復活させた一番の功労者は、徳川5代将軍綱吉の生母、桂昌院(けいしょういん)です。西陣は桂昌院の故郷でした。桂昌院は元禄7年(1694)に、社領を寄進して社殿を造り替え、御牛車や鉾も新たに造り、「今宮祭」の祭事の整備や氏子地域の拡充を図り、中絶していた「やすらい祭」を復活させるなどして再興に尽力したといわれています。

桂昌院は西陣の八百屋に生まれ、「お玉」と呼ばれていました。幼くして父を亡くし、奉公に出るうちに、母の再婚により関白に仕えていた北小路太郎兵衛宗正の養女となり、徳川3代将軍家光の側室のお万の方に御小姓として仕えることになります。そして春日局の部屋子になったとき、家光に見初められて綱吉を生んだといわれています。さらに綱吉が徳川5代将軍になると、桂昌院は女性最高位の従一位に昇り詰めました。「玉の輿」という言葉は桂昌院の「お玉」という名前から生まれたそうです。彼女の運を加護したのか、今宮神社も「玉の輿神社」とも呼ばれ、遠方からも多くの女性参拝者を集めています。

また、摂社の織姫社も女性に人気の神社です。七夕伝説の織姫に機織りを教えたという栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)が祀られ、縁結びや技芸上達のご利益があるようです。往古、堀川をはさんで白雲村と村雲村があり、そこで絹などが織られていたことから織物の祖神として栲幡千千姫命が祀られていたそうです。江戸時代に西陣の機業家がその神を現在の場所に勧請してできたのが織姫社で、西陣業界の人々からも篤い信仰が寄せられています。

京都 船岡山からの眺め
船岡山からの眺め(中央奥は左大文字)
京都 今宮神社の本殿
本殿
祭神:大己貴神、事代主命、奇稲田姫
京都 今宮神社の舞殿
舞殿(拝殿)
京都 今宮神社境内の素戔嗚命が祀られる疫神社
素戔嗚命が祀られる疫神社
京都 今宮神社境内の織姫社
織姫社
栲幡千千姫命を祀る。社殿前に立っているのは「杼(ひ)」とよばれる織物の緯(よこ)糸を通す道具。遠距離愛を繋ぐらしい?
京都 今宮神社境内の若宮社
若宮社
もとは鷹峯の愛宕社からイザナミの神霊が分祀されたという。賀茂社と関係が深く、紫野斎院の廃絶後、歴代斎王の霊が合祀されている。
京都 今宮神社境内の地主稲荷社
地主稲荷社
京都 今宮神社境内の月読社
月読社
京都 今宮神社境内の紫野稲荷社
紫野稲荷社
京都 今宮神社境内の日吉社
日吉社
京都 今宮神社境内の大将軍社
大将軍社
関連メモ&周辺

京都三大奇祭のひとつ
やすらい祭

京都三大奇祭のひとつ、やすらい祭の練り衆 練り衆が到着 京都三大奇祭のひとつ、やすらい祭のやすらい踊り やすらい踊り

やすらい祭は今宮神社の摂社、疫神社の祭で、鞍馬の火祭、太秦(うずまさ)の牛祭(現在休止中)とともに京都の三大奇祭のひとつとして知られている。春に舞う花の精に誘われて飛び散る悪疫をお囃子や舞踊で追いたて、花傘に宿らせて疫神社で鎮めるという祭で、毎年4月の第2日曜に行われる。
「練り衆」と呼ばれる行列は、黒毛や赤毛の小鬼や大鬼、花傘、音頭取り、囃子方などからなり、今宮神社を目指して踊りながら練り歩く。平安時代には京中の人々もこぞって風流な装いで出かけ、あまりにも行装が華美すぎるという理由で朝廷により一時期禁止された。境内に行列が到着すると、2組8人の大鬼が大きな輪になってやすらい踊りを奉納する。激しく飛び跳ねるさまは見ものです。

やすらい祭で厄除祈願のやすらい人形 厄除祈願のやすらい人形 やすらい祭の厄除祈願では1人ずつ花傘に入って祈願する 1人ずつ花傘に入って祈願する。

境内での厄除けの祈願は、名前、住所、年齢などを書いたやすらい人形を添えて、拝殿に上がり、1人ずつ花傘に入る。やすらい人形には「蘇民将来子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」と書かれている。祇園祭のちまきなどにも同じものがあり、これを唱えると疫病が退散するといわれている。蘇民将来は牛頭天王(ごずてんのう)から授けられた茅の輪で疫病を逃れたが、インドの牛頭天王は日本ではスサノオノミコトであり、疫神社の祭神である。

阿呆賢さん
(あほかしさん)

京都 今宮神社の阿呆賢さん(あほかしさん)
拝殿近くの社に置かれる神占石。阿呆賢(あほかし)さんと呼ばれる。この石を手のひら撫でて体の悪いところを触ると治ると言われている。また3回叩いて持ち上げると重くなり、願い事を唱えながら3回撫でて持ち上げると軽くなって願いが叶うという。軽く感じなければ残念ながら願いは叶わないらしい。

宗像社
ナマズの台石

京都 今宮神社境内の宗像社 京都 今宮神社境内の宗像社にはナマズの台石が使われている
元禄7年(1694)、桂昌院が造営されたときの社殿といわれる一方、元禄建築の特徴と異なる様式を残しており、さらに古い建築物とみられている。宗像三女神は「道」の神として知られ、志を持つ人を教え導くとされている。美を司る神とも。また、宗像三女神は、弁才天とも習合したためか、弁天の使者である鯰が台石に彫られている。

あぶり餅

京都 今宮神社名物、あぶり餅の老舗・かざりや 京都 今宮神社名物、あぶり餅の老舗・一文字屋 京都 今宮神社名物、あぶり餅
東門を出たところにあぶり餅で有名な茶店が2軒向かい合う。「かざりや」と「一文字屋」で、創業は平安時代にまで遡るといわれている。手でちぎった小さな餅を竹串にさして炭火で少し焦げ目がつく程度に炙り、甘い味噌ダレにくぐらせる。軽くて美味なのでいくらでも食べられる。1人分500円(2019年4月現在)。お持ち帰りもできる。

主な参考資料(著者敬称略):

『今宮神社由緒略記』今宮神社社務所 /『御霊信仰』柴田實・編 雄山閣出版 /『京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻』森浩一 学生社 /『日本の神々5』谷川健一 編 白水社 /

TOP